Columnコラム

うつを防ぎたいがどうしても長時間残業せざるを得ないときは

Column
t02200248_0800090313160310707

 

「どうしても、納期や決算の関係で、どうしても長時間残業してもらう月が出ざるを得ない。長時間残業が会社にとって、リスクやコストであることは理解しているがどうしたらいいか?」という相談をOffice CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所ではよく受けます。

理想を言えば、仕事を標準化しあるいは人員の配置を見直すことで仕事を平準化できればいいのですが、現実にはなかなか困難です。

 

そこで、Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所が提案するのは、

期限付きで、長時間労働を頑張ってもらう

ことです。
例えば、

・3か月後には人員が補充されるから、それまでの間だけ頑張ってほしい
・2月以降はしばらく楽な仕事を任せるので、休憩してもらえるから、ご家族お伝えください
・次の納期が終われば、必ず楽にするから

等です。

 

一般的に人は、終わりの見えない真っ暗なトンネルを歩かされると頑張れないものです。逆に出口が見えると精神的にも楽に頑張れるものなのです。

2つ注意点があります。

1. あくまでもこれは、健康に支障のない働き盛りの世代のみ該当すること

2. 一度決めた期限は、絶対に延長しないこと

です。

 

特に一度決めた期限をずるずると延ばすことがあると、社員は頑張れずそれどころか会社への不信感も覚えてしまいます。そうなってしまうと逆効果ですので、必ず約束は守るようにしましょう。

ここでも、メンタルヘルス対策の基本である、会社と社員の信頼関係が大切です。

 

会社と社員の信頼関係を強くするための、管理職研修をOffice CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所で多くラインナップしています。

約10年に及ぶ上場企業での人事経験と、こころの専門家である臨床心理士、人事の専門家である国家資格社会保険労務士という知識から、御社にとって最適なアドバイスを実施いたします。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら