Columnコラム

ブルーマンデー こんな症状はうつかもしれません

Column

 

土日で心身ともにリフレッシュしたはずなのに、月曜の朝になると起きても体がだるいことをブルーマンデーといいますが、実はこれはうつ状態の始まりです。

 

うつ状態とうつ病は別のものですが、うつ状態がひどくなり生活に支障が出るものがうつ病と考えるといいと思います。

 

月曜日は休日のレジャーの疲れが残っている、管理社会に戻らなければならないことがこころの負担になっている、朝早くリズムを変えなくてはならない、など精神的には負担が多い曜日とされています(土日休みのサラリーマンにとって)。

 

日曜日の夜になると仕事のことが気になって不安のため寝付けない、特に月曜日の朝寝起きが悪くなかなか布団から出られない、体がだるい、満員電車で立っているのがつらいという症状がでます。つまり過度に月曜日の朝は気が重いという感覚はうつ病の手前の段階であるうつ状態であるといえます。決してあなたがぐうたら社員であるからではありません。

ブルーマンデーのほかにもうつ状態の始まりという症状は、

 

・いつも疲れやすい、だるい

・重要な会議になると足がすくむ

・食欲がない

・仕事に集中できない

・一つの作業でさえ、根気が続かない

・人に会うのがおっくう

・頭の回転が鈍くなった気がする

・性欲減退

 

などがあります。上記に当てはまった場合は、将来的にはメンタルクリニックの受診も視野に入れるべきですが、なかなかいきなりメンタルクリニックへ行くのはハードルが高い場合は、社内に相談窓口があればそこに相談してみるのもいいでしょう。

 

あるいは、社外相談窓口と契約している企業であれば、そちらを利用するのもよいです。

 

多くの場合は費用は掛からず(会社が負担してくれています)、利用できるのでうまく活用することをお勧めいたします。

 

当事務所では、企業のメンタルヘルス対策(メンタル対策)の一環として、社外相談窓口の設置も行っております。(当事務所の業務案内は、http://mbp-tokyo.com/officecpsr/column/40217/
をご参照ください)。

 

上司の方は、どうも部下が月曜日元気がないなぁと感じたら、あるいはどうも月曜日(だけ)休みが多いなと気づいたときはぜひ最近眠れてる?等声をかけてあげてください。

当事務所は、中小企業のメンタルヘルス対策、人事制度、組織活性化に強みがあります
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。

業務案内は下記をご参照ください。

http://www.officecpsr.com/contents1.html

 

今月は無料個別相談会を実施しています。日程は下記より個別相談会日程希望と入力ください。

https://mbp-tokyo.com/officecpsr/inquiry/personal/

その他お問い合わせも↑よりお願いいたします。

 


Office CPSR
臨床心理士・社会保険労務士事務所
東京都町田市中町1-4-2 町田新産業創造センター2F
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.officecpsr.com








※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら