Columnコラム

○○があったら不眠のサインかもしれません

Column

 

睡眠は心身の疲れを回復させ元気を回復させる効果があります。睡眠には個人差がありますが、何時間眠れたではなく、日中の生活に支障がなければ睡眠は十分と捉えてよいでしょう。

 

一方このような症状が週2回以上あり、1か月以上続くときは生活習慣病や睡眠障害の可能性がありますので、専門機関へ相談をお勧めします

 

・疲れているのに眠れない

・何度も途中で起きてしまう

・早朝に目が覚める

・十分時間をとっているのに熟眠感がない

睡眠について、厚生労働省からよい文章があったので紹介いたします。

 

睡眠12箇条、厚生労働省「健康づくりのための睡眠指針 2014」から、

・良い睡眠で、体も心も健康に

・適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを

・良い睡眠は、生活習慣病予防につながります

・睡眠による休養感は、こころの健康に重要です

・年齢や季節に応じて、昼間の眠気で困らない程度の睡眠を

・良い睡眠のためには、環境づくりも重要です

・若年世代は夜更かしを避けて、体内時計のリズムを保つ

・勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を

・熟年世代は朝晩メリハリ、昼間に適度な運動でよい睡眠

・眠くなってから寝床に入り、起きる時間は遅らせない

・いつもと違う睡眠には、要注意

・眠れない、その苦しみを抱えずに、専門家に相談を

当事務所は、中小企業のメンタルヘルス対策、人事制度、組織活性化に強みがあります
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。

業務案内・お問い合わせは下記よりお願いいたします。
http://www.officecpsr.com/contents1.html


Office CPSR
臨床心理士・社会保険労務士事務所
東京都町田市中町1-4-2 町田新産業創造センター2F
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.officecpsr.com

 

 

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら